山本舞香の性格が悪そう?ってか悪すぎ?!

モデル兼女優の山本舞香。

様々な話題作にも出演しており、テレビや映画などで目にする機会も増えてきました。

女優としては、空手経験者ということもあり、アクションができる若手美人女優としても貴重な存在かと。

そんな山本舞香はネット上で、やたらと「元ヤン」「無愛想」「性格が悪そう」「性格が悪すぎ」

などというキーワードが並びますが、ホントか?

ある程度、意地悪そうに見えたほうがSっ気がでて、大歓迎………

そうでなくて、そういう気の強そうなコがデレる瞬間のギャップが………

………それはさておき、実際に山本舞香の性格悪すぎエピソードとかないかな?と探してみました。

でも、あくまで見た目の性格が悪そうってだけかとも思うんですけれどね~。


スポンサーリンク

山本舞香の性格が悪そう?ってか悪すぎ?!と言われるのはなぜ?

山本舞香の性格が悪そうってのは、基本的には某掲示板の書き込みが発端ぽいんですけれど、

山本舞香が元ヤンキーでヤリだのたばこだののウワサはなぜ発生したのか?

2018.07.18

一番の原因はやはりそのお顔のイメージではないですかね?

言ったら悪いでんすけど、ヤンキー顔というか、跳ねっ返り顔というか。

最近のギャル顔ではなく、古き良き不良娘顔っていうんですかね?

いや、ディスってないですよ。

むしろ、好みの………

そんなことより、山本舞香は実はすでにこのイメージを活かして、女優としても大活躍中なんですね~


スポンサーリンク

山本舞香の性格が悪そう?ってか悪すぎ?!のイメージを活かした役

まずは、NHKのテレビ小説『半分青い』で主役を務めた永野芽郁主演の映画『ひるなかの流星』で、主人公すずめの意地悪なクラスメート、後に親友となる猫田ゆゆか役。

普段はネコを被っているが、すずめに意地悪をするも、それが発端で大喧嘩をして仲直り後親友になるという。

一見、性格悪そう、だけど根はいいやつを地で行く役柄でした。

次に山本舞香がヒロイン的ポジションを務めた『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』の家出娘トーコ役。

乱暴な言葉遣いで、親や大人に反抗したり、主人公たちとケンカしたり、金的蹴りも辞さなかったりと、見所盛りだくさんです。

そういえば、映画『Zアイランド』でも家出娘役でしたね。家出しそうなイメージもあるんかなぁ?

この映画の中では、見事なアクションシーンも披露してました。映画の内容はアレですが、オススメです!

ドラマ『チア✩ダン』では、アクションシーンもこなす山本舞香がキレキレのダンスを披露。

やっぱヒップホップやってるコってトンガッてるイメージですよね?

実際ドラマの中の役も、主人公たちをはねつける、ワケアリの過去を持つキャラクターみたいです。

しかし、この動画美しいっす。


スポンサーリンク

山本舞香の性格が悪そう?ってか悪すぎ?!でも良い!



山本舞香はこうやって見ていくと、かつてヒロインを務めたドラマ『南くんの恋人~my little lover~』のような可愛らしい役よりも、

いっちゃ何ですが、気が強かったり、生意気だったり、なんなら少し意地悪で性格悪い役が似合うような…

アクション映画とかで、普段は無愛想で他人とソリが合わないけれど、有事のときは強気でみんなを引っ張っていくヒロインとか、

性格は悪いけれど、実はそれは愛情の裏返し的な性格の…それなんて『猟奇的な彼女』?

とにかく、見た目を活かしたそんな役を演じっていってもらうのが楽しみですな!

すご~く個人的には、女王様役とかスゴく似合うような………